除去ヒーリング

除去ヒーリング
除去ヒーリングとは、オーラ層に入っている不要なエネルギー、オーラの浄化、金属チップ、もののけ、異物の除去、霊体に入っている龍神の玉の除去が出来る技術です。

【なぜ金属チップがいれられるのか?】
私たちは宇宙の星から生まれて地球に魂の向上の為に降りてきました。その際に事情があってオーラ層の中に目に見えない発信機や金属チップなどが埋められています。例えば発信機ですが、地球人の情報を知りたい場合はその発信機から出るエネルギーの波動を読み取り、何かしらの情報を得るために行われています。 それが良い物であればいいのですが、ほとんどの場合ネガティブ側のものだったりします。まれに交通事故に遭ったり、人とぶつかってしまい壊れる場合もあります。そうしますとそれらは不必要なものとなり、人体に影響を与えてしまうからです。 これらがあると体の調子が悪くなったり原因不明の体調不良を起こす場合もあります。

【金属チップ、発信機、送信機などが入っている場合】
1 原因不明の頭痛、体調不良になる
2 咳がずっと続き声が出なくなる
3 耳鳴りが酷い、騒音の音が頭の中で鳴り響く
4 UFOに乗って何かを埋め込まれた感じがする夢をみた
5 ネガティブ側のエネルギーを受け続けてしまう
6 何も感じず生活をしている場合がある(これはほとんどの人が該当)
7 権力やお金に執着があり、人から何かを奪うなど物質全般に執着している

【龍神の玉の場合】  
アセンションが近づくにつれて「龍の玉」を持っている人は解放する時期にさしかかってきています。この龍の玉とはいったいなに?ということですが、龍の玉は太古、龍族の一員として龍神と契約をして一緒に活動した時期がある人のお腹に入っている龍神の玉の事をさします。龍神の置物なんかに水晶の玉を持った物がありますよね?それと似たようなものです。契約の印にお腹に「霊的な玉」を入れられます。この玉は人間にとって不都合なものです。玉が入っていると「権力」「名誉欲」「出世欲」「金欲」「男女欲」など「欲」に関してのエネルギーがからんでいます。これらがあると、どうしても肉体に変化が現れますし、なかなか執着を手放しにくいなどがあげられます。また、この時代に「力」によって屈せられたことがある人は「恐怖心」や「恐れ」「見えない物の力への不信感」など感じている方が多いように思います。

アセンションしたい方はこの玉は不要になりますので除去する必要があります。今まで表にたってこの玉の除去はしていませんでしたが、もう時期なのでこの玉の、除去活動もしようと思います。体験した方は、事前になんらかのメッセージを見たり、聞いたりしてい人もいたり、当日のワークの最中に玉がごろっと消えたとか転がったりするイメージをみたり、感じたりする方が多いです。玉はとれば龍神との縁が切れるわけではなくて、玉をとって本来のあなたに戻りましょうというワークになります。
龍の玉を取ると、あなたのイメージが変わり、軽くなったり、心が軽やかになったり、執着を手放せたり、楽観的になったり、あまり悩まなくなったりいいことづくめなのです。

【龍神の玉などが入っている場合】
1 龍神と縁が深いと思われる
2 龍神様が好き
3 守護霊団にが龍神様がいると言われたことがある
4 龍神供養をしている
5 お腹の中に光るものを感じる
6 お腹に異物を感じる
7 お腹にうごめくものを感じる
8 原因不明の腹痛がある
9 ぽっこりしこりのような形がある。
10 お腹が出ている(胃が下がっている、脂肪とは別のもの)
11 何かすると雨ばかり降る
12 競争が好き
13 権力が必要と感じている
14 ライバルが気になってしょうがない
15 何かの執着が手放せない
16 ある特定の欲が治らない

【除去ヒーリングで調査と除去の場合】
○龍神様との契約、龍神の玉、金属チップ、もののけ等の存在の調査
○価格:10,800円(何個入っても同一金額です)
○遠隔で行いますので、氏名、年齢、お写真をメール添付でお送りください。
○マニュアルをPDFでお送りします。

【消費税・送料について】
○消費税は代金の8%を頂きます。
○送料は地域によって料金が違いますのでお問い合わせ下さい

【プライバシーポリシーについて】
○お申込み前には必ずプライバシーポリシーをお読みいただいてからお申込み下さい。

【お問い合わせ】
○お問い合わせフォームまたはメールからご連絡下さい。
78.orion.78@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2013年10月
    11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

peypalご利用可能

ソリューション画像
ページ上部へ戻る