マニキュアの臭気毒素

私は20代の頃、ネイルの勉強をしていた時期がありました。
その時すでに、ネイルシートというものを発明していて、いつか商品化できたらな~と思っていたところ、外国で商品化して売れているのだそうだ。

使用方法も私が考えていたのとまったく一緒。^^;
いつもなら特許を取るために行動を起こすのですがこの案件についてはまったくやる気がしなかったのです。

そしてこの間、数年ぶりにネイルをしたのですが、つけた瞬間から具合が悪く…
特に「匂い」が鼻につきまして、何が原因でそうなるのか分からなかったです。

ネイル特有のあの「ツン」としたニオイです。

成分を調べると下記のようなものが配合されています。
これらを混ぜたものがあの匂いであることは確かです。

・皮膜形成剤(ニトロセルロース)
・皮膜形成補助剤(アルキッド樹脂、アクリル樹脂等)
・可塑剤(カンフル、クエン酸エステル等)
・真溶剤(酢酸エチル、酢酸ブチル等)
・助溶剤(イソプロパノール等)
・ゲル化剤(有機粘土鉱物)
・着色剤(有機顔料※1、無機顔料※2 等)
・パール剤(天然魚鱗箔、合成パール剤等)

食品毒も凄いけど、この臭気毒素も酷い。
皆さん感じていないだろうけど、乾いた後も体から臭うんですよ!(笑)

私が体験した匂いの2つのルートですが、爪から吸収された化学薬品毒素は、神経系統に流れて最後は脳に行きます。もう一つのルートは鼻から吸収された臭気毒素は、嗅上皮を通って、臭細胞を通って体内に入り、脳に匂いの信号がダイレクトに到達し臭気毒素は脳にたまります。

独自の匂いは1日ずっと臭い続けます。結構辛いです。
指先から臭わなくなったと思ったら今度は体から匂いがしてきます。

全身に匂いの成分が駆け巡っている状態です。

約2日間で臭わなくなりましたが間違いなく体内に臭気毒素は体内に取り込まれています。
用事が終わってネイルを取ってラジオニクスで臭気毒素を浄化したら体調が良くなりました。

ネイルは綺麗ですが、除光液で溶かしてとるので爪をいためます。
特にジェルネイルなんてひどすぎます。
長持ちして綺麗ですが、取った後、爪がボロボロになるんです。
爪の色も黄色くなったり爪が剥がれたり、もろくなります。

こんなネイルを使って果たして「大丈夫」と言い切れるのかしら?
私は化学合成たっぷり毒素入りの商品を世の中にださなくてよかったと思いました。
だから発明しても動かないように仕組まれていたようです。

最近ファンケルさんでも無添加ネイルを出していますが使ったことがないので何とも言えませんが、体に優しい商品をぜひ企業は作って欲しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2013年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

peypalご利用可能

ソリューション画像
ページ上部へ戻る