ゲーム脳と波動について

昨日、書きました「ゲームに潜む罠」の続きを書きたいと思います。

今、大人気の某ゲームが人間の脳にどのように影響を与えるか?調査すべく1ヵ月間、真面目にゲームをやっていました。(笑)

最初は自分でルールを作ってやっていました。1日3回2時間以内という感じですが、だんだん1日5回4時間という感じでオーバーしていきます。
最後の方になると、いつもゲームをチェックしないと気が済まなくなっていきました。
一応調査のためやっていましたが、これ以上続くと「廃人」になりかねないので昨日で辞めました。^^;
そこで分かった事は、下記のイラストの赤い印の部分の前頭葉の部分にゲームをした時の波動がたまることに気が付きました。
前頭葉

さて、この前頭葉にネガティブ波動としてたまるとどうなるかは前回書きましたが、再度、記しておきます。

行動出来なくなる、意欲が湧かない、創造することができない、感情が無くなる、ぼぉーっとする(グラウディングが出来ない)、推理が出来なくなる、考える力が無くなる、言葉が話せなくなるのです。

ゲームを始めて3週間ぐらい経った頃、前頭葉や松果体の異常が発生しているのが分かりました。
それは先ほど赤い文字であげた症状が出て来たからです。

いつもなら仕事もさくさくこなし、アイディアもバンバン降りてくるのに、最近は調子が悪いな~と感じていました。
昨日の夕方からとうとう頭が痛くなり、脳や松果体のヒーリングが必要だと思って浄化していました。

そして、夜寝ている時に、頭、胸、肋骨のあたりに違和感を感じたのでSHヒーリングを開始したところ、耳がざわざわ(気圧が変わるような音)がし、空気の振動が変化してきました。

しばらくすると突然、前頭葉の部分から真っ直ぐ胃の所まで「ストン」と言う感じでゲームの波動が降りてきました。(だるま落しの様)
次に「ぬるっとした」ものが続いて降りてきました。

「うわーなんだこれ!?」と私はSHヒーリングをしながらびっくりしてしまいました。
ゲームを開始して1か月分のたまった波動が降りてきたのでした!

これは凄い!!とある意味、感動しましたが、これが一般の人ではどれだけたまるんだろうと考えたら恐ろしくなりました。
特にお子様はゲームが好きで片時も手放さない子も多いですね。
しかしそれはとても危険であると分かりました。

この様にゲームをするとゲームの波動が前頭葉にたまり、更にたまりすぎると、脳全体に波動が広がり病気へと進んでいくんだなということも理解しました。

初期症状にはSHヒーリングニューロンアートでメンテナンスをすると解消されますが、酷い状態の場合や、ゲーム脳に限らず、ボケ、認知症、鬱、躁鬱、抗鬱なども脳に波動がたまっている状態の場合はラジオニクスのヒーリングで解消されます。

ぜひ生活の改善、見直しをしてほしいと願います。

夜にゲームの波動は浄化されて楽になったので今日は気分爽快です!

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2014年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

peypalご利用可能

ソリューション画像
ページ上部へ戻る