火災の霊的原因

火災はいろいろな原因で起こりますね。

火をつけられた、出火元となってしまった、もらい火で火災が起きたなど・・・

どんな理由であれ火災にも「浄化」という裏の理由があります。

○家に必要じゃないものがあふれかえっている場合は燃やされて元素にしたほうが良いという場合
○過去からの罪、カルマによって火災で浄化をする場合
○放火された場合、過去世で放火したのか?先祖のだれかが放火して焼き討ちしている場合がある。
○1年過ぎたお札やお守りがある
○その他の理由

火災の時は「火龍神」が直接関与していて火を操り焼き尽くします。

たまに護摩焚きしている写真を見ていると火龍神様が写っている時があります。

最近では火龍神様を使って、水龍神様のご供養をお知らせする「合わせ技」も起こってきているのでなかなか判断が難しいです。^^;

家の中には物から発するエネルギーが存在しています。
家のエネルギー以上に物がある場合、バランスが取れませんので何かしらの原因で住まう人が病気になったり火災が起こる可能性があります。

必要のないものはどんどん断捨離してすっきりと新しいエネルギーが入ってくるようにスペースを空けた方が良いと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2014年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

peypalご利用可能

ソリューション画像
ページ上部へ戻る