地球の外側はハニカム構造?

私はいつも寝ている時に宇宙の仕組み、秘密を解く夢を見ることが多いです。
今日は、夢の中で降ろされたメッセージは地球の外側についてです。

聞こえてきた言葉は「蜂の巣」「ハニカム」「8と3」「地球の外」「バリア」「空気穴」という言葉でした。
見えたビジョンは地球の外側です。

ハニカム構造はどの方向から圧力がかかっても耐震と免震が働くらしく、強度に優れているとのことした。
起きてから調べてみますと、蜂の巣の外側は3重の殻におおわれている写真を見つけました。

はたして「8」の意味することはオーラ?チャクラ?無限大?それは何かと考え中です。

蜂の巣の外壁

そしてハニカムの間は「空気穴」があるため、通気性が良くなっていて、宇宙エネルギーを取り込めるようになっていると思います。

通気性

この事から割り出した答えは、地球の外側は何かしらのエネルギー体でハニカム構造になっていて、その外側を3重のバリアが張り巡らせていえるのではないか?ということです。
まだ調査する必要があるので分かったものだけお知らせしておきます。

私たちは目に見えないエネルギーフィールドに守られていることを地球や宇宙に感謝をしないといけませんね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2014年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

peypalご利用可能

ソリューション画像
ページ上部へ戻る