スターバックスのコーヒーが飲めなくなった理由

1年前まで良く飲んでいたスターバックスのコーヒー

 

今年に入ってから突然まったく飲めなくなりました。

 

きっとスタバのコーヒー豆の波動が合わなくなったから飲めなくなったのだと思いましたが、ここにきて、スターバックス社とモンサント社がお互いを支援し始めたとかなんとか・・・?

 

公式には違います!と出していますが・・・どうなんでしょうね~

 

モンサント社はあの遺伝子組み換えの90%を誇る悪徳業者です。

 

ベトナム戦争の枯葉剤を作った会社ですね。

でも正直に営業している企業であれば食品表示の義務に賛成で合意するでしょうが、怪しい成分を使っていれば問題になるので反対するのでしょう。

 

今、思うと飲めなくなった理由としては、紙コップの紙に含まれている化学薬品の匂いの方がきつくて、コーヒーの味があんまりしなかったのと、豆乳に使われている大豆が何らかの原因なのかはうすうすわかっていました。(汗)

 

スタバのコーヒーが飲めなくなった理由が分かったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2014年11月
« 10月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

peypalご利用可能

ソリューション画像
ページ上部へ戻る