泣くという事

泣くの種類と意味
①悲しみ・苦しみ・痛みで泣く
②身にしみて、つらい思いをする。苦労を経験する。悲運に泣く。
③無理や損を知りつつ承知する。権利をあきらめたり、しかたなく身をひいたりする。

 

④喜びや感動をおさえることができず、声をあげたり、涙を出したりする。

 

 

①~③は戒める泣きは学びになりますが、ネガティブ系の思いで泣くので必ず体の一部に波動が溜まります。

 

④は宇宙の調和の波動と合致するので高波動の思いを持続しやすい。

 

ただし、ウソ泣きは通用しません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2015年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

peypalご利用可能

ソリューション画像
ページ上部へ戻る