依存心の種類

依存心の種類

①力や能力がある者について行くという他人任せな思い

②誰かに問題を解決してもらいたいという思い

③自分に注目してほしいという思い

④誰かに愛してもらいたいという思い

⑤依存の相手に問題を解決して欲しいという思い

⑥幼少の頃、親に愛情をかけてもらえなかったという思い

⑦自分の夢を他人に託したい思い

⑧自分にかまって欲しいという思い

 

陥りやすい共依存タイプ

①親子関係(側にいないと寂しい、何をやったらいいか分からない、子育てしかたら将来は面倒みてくれるよね?)

②親友・友達・同僚(他人と比べる事、同盟を結ぶ、ライバル心など)

 

これらの依存の波動はお腹にたまるので、腹痛をおこす方、下痢タイプの方、腸の調子が悪い方など波動の影響を受けています。

 

この波動たるや、感じることが鈍い方には分かりませんが、分かる人は痛みで感知してしまいます。

その波動が強ければ激痛として痛みを感じます。

 

波動とは一瞬でも思ったことは、瞬時に相手に届きます。

 

解消方法としては、インナーチャイルドを癒す、カルマ、トラウマを解消し、残留思念をSHヒーリングで浄化してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2015年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

peypalご利用可能

ソリューション画像
ページ上部へ戻る