感謝の押し売りはしない

世のなかでよくある事。

 

感謝の押し売り。

 

○私がやってあげたお蔭で出来るでしょ?

○私が○○したお蔭で完成したでしょ?

 

という人に対して「感謝の押し売り」は余計な事。

 

人は未熟だから子供と一緒。

子供は褒められたいからいちいちやったことに対して「どうだ!」と言わんばかりの態度と言動で言葉を求めます。

 

本当の陰の徳とは誰にも言わずひっそりと行う事。

 

本当の大人はそんなこと言いません。

自分がひっそりとやっていればいいだけの話。

公表する必要はない。

 

感謝してよーとかわざわざ言う事ではないけど、人が「感謝」を忘れている事に対しては「指導」として行ってもよいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

peypalご利用可能

ソリューション画像
ページ上部へ戻る