当てつけ行為は犬の名残

犬を観察していますと面白いことが分かってきました。

 

犬は、自分のご主人様には絶対服従ですが、それ以下にみなされている人間に関しては、部下か遊び相手にしか思っていません。

 

その中でも私はご飯係りと遊び相手としてみなされています。(笑)

 

犬にも気分があって、自分が興味がないと「遊ぼう!」としっぽを振ってきませんし、声をかけてもシカトされます。

 

人間も忙しいと遊んであげなかったりしますが、これらの行為がストレスを生んで犬が当てつけ行為をします。

 

それは自分の縄張りだとしてトイレ以外の所で○シっ○をするとか、ウ○○をするとか・・・(>_<)

 

これらの一連の行動をず~っと観察すると人間にも当てはまる事があるな~と感じました。

 

それは、相手に酷い事をされたとか、気分を害されたとかで人に対して「当てつけ」をする部分です。

 

足を踏まれると、踏み返したり、満員電車で押されたら押し返すとか・・・

 

会社に入れば人を陥れようとか、出し抜こうとか・・・

 

相手の気を引きたい、嫉妬させたい、焼きもちをやかせたいなど。

 

この部分は犬の時代の名残です。

 

特にこの「人への当てつけ行為」が酷い場合、動物時代の名残とか過去世のトラウマなども原因となります。

 

自分の中の動物性を浄化したほうが良いですよ。

 

動物から人間へ進化しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

peypalご利用可能

ソリューション画像
ページ上部へ戻る