相手が鏡な事件!?

今、いろいろな行政に出向くことが多く、相手は難しいお役所の仕事をしていますから、私はまったくちんぷんかんぷんの世界であります。(笑)

 

私の担当になって頂いている方は、びっくりするぐらい早口で、頭が混乱しそうなぐらいです。汗

 

よって何をしゃべっているか分からず、いつもぼーっとしてしまうか、コーヒー飲んで落ち着かせています。(笑)

 

そこで・・・考えてみました。

 

この人、実は私にそっくりではないか?

 

お客様に対して早口になって説明していないか?

 

スピリチュアル用語なんで一般の人には分からないけどちゃんと説明できてるか?

 

と、自分を振り返ってみると、ずいぶんと皆様にはご迷惑をおかけしていることを思い出した。

 

見事なまでの「鏡」ではないか!?

 

仕事は相手の立場になって考えないといけない。

 

押し付けてもいけないし、言いなりにもなってもいけない。

 

適度な「塩梅」でお互いが良い方向へ行かなくてはならない。

 

今までの事を「気づいて」反省していると、すぐさま電話が鳴った。

 

「○○ですけど~森田さん!?」と鏡の人からの電話でした。

 

え!?

 

私なんかやらかしたかな?と思って鏡の人の話を聞いていますと、なんだかゆっくり丁寧で分かりやすい言葉を使って説明をしてくれました。

 

「はっ!?」と気づいた時に自分や鏡になっている人の世界は劇的に変わるのです。

 

きっとこれからの事を考えて私の悪い所を指摘してくれる人だったのだと思いました。

 

天上界にお礼を言いつつ、心の中で鏡の人にもお詫びして電話を切りました。

 

なんか清々しくなって、難しい仕事も立ち向かう勇気が湧いてきました。^^

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

peypalご利用可能

ソリューション画像
ページ上部へ戻る