インandヤンアートで左手を使う

私はインandヤンアートをデスクの下に敷いて波動を浴びながら仕事をしています。


お蔭様でひとつの物事に偏ることなく、万遍に見渡せるようになり、考え方のバランスも取れてきました。

 

脳のバランスが良くなりますと、何か楽しくなって「何でも出来る!」という可能性が湧き、わくわく音符と何かが変化しています。

 

そしてこれはやれるかもしれない!と思い立ち、左手を使う事にしました。

 

ご飯を食べる時、何かをする時も左、文字を書く練習をしていると小学生レベルまでは上がった。(笑)

 

この様にどちらかに偏るのではなく中庸のバランスを取った方が、その人が持っている可能性というものが出てくるのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2015年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

peypalご利用可能

ソリューション画像
ページ上部へ戻る