チャクラを鍛えて声を出す

今日は声を使う人について書きます。

 

チャクラに未昇華エネルギーやネガティブ系の波動がたまると肉体面から精神面にかけて原因不明の体調の悪さが起こってきます。

声は鍛えれば素晴らしい「楽器」となって人に感動を与えたり、自分自身の技術向上に大いに役立つと思います。

 

特に、第五チャクラに問題があると声が出しずらくなります。

 

特に何かの信仰をしていたり、神社に頻繁に行く方など、第五チャクラや延髄、甲状腺、副腎の臓器に宗教波動が信じられない程たくさんたまっています。

 

詰まっているから無理して声を出そうとして苦しい顔になってみたり・・・

 

聞く側として声が「ノイズ」に聞こえてくる人もいます。

 

チャクラに問題があると、声が薄っぺらくなります。

そして人間そのものが「薄っぺらい人」と思われます。

声が聞きずらい、こもっている、声が小さい、など問題が出てきます。

 

その人が発する不調和音(声)によって聞いている人の体調さえ狂わせて行きます。

 

例えばガラスのひっかく音を聞いて「気持ちいい~」という人はいませんよね。

それと一緒なのです。

 

チャクラをきちんと浄化して、人間としての機能を正し、そのうえでボイストレーニングなどを行うと飛躍的に声が出るようになります。

 

そして声に深みが増し、奥行きさえも感じます。

 

その声はバイブレーション(波動)となり相手に浸透して行きそれが、「感動」につながり、それがお仕事としてつながっていくのです。

【チャクラを進化と浄化してくれる絵】

https://orion78.stores.jp/items/52594e84236a1ea76b000135

 

エナジーアートです。



 

【お問い合わせ】

78.orion.78@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

peypalご利用可能

ソリューション画像
ページ上部へ戻る