数霊システムⅡKS-02(緩和方法)NO2

数霊システムⅡKS-02(緩和方法)についての実験報告NO2
(情報が必要な方のみ)

【測定するとき】
①測定するときは対象者の住所と名前だけでも測定ができますが、写真があればもっと良いと思います。
それらの情報の用紙を置いておきます。

②ボディから測定してコードが出てきたら、もう一枚用意した紙に「施術者の○○(自分の名前を入れる)に影響が出ないように波動転写してください」
もしくは「施行者の○○に影響が出ないように浄化してください」
もしくは「施行者の○○に影響が出ないようにネガティブ波動をポジティブ波動の変換してください」と書いて置きます。

そうしますと、かなり痛みとか具合の悪さなどが軽減されてくると思います。

波動転写中、波動の質量が大きい時はやはり痛みなど起こりますからこれは仕方ないなと思いますが、この用紙を置くだけでかなり軽減していると認識しました。

終わった場合の感覚としては鼻がす~と通りがよくなります。
後は、こめかみあたりが若干軽く痛くなり、もうたくさんの波動が転写されたという感じで胸に膨張感があります。

あとは一日の終わりにご自身の浄化をするということが必要です。

この体感は私個人が感じる感覚でございますので、全員に当てはまらない事もあります。

何かの役に立てればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2015年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

peypalご利用可能

ソリューション画像
ページ上部へ戻る