お育て系と育てられ系

人にはお育て系と育てられ系に変化しながら成長するとおもう。

 

ここでの判断は人に教える事が多い人がお育て系になります。

 

教えられることが多い人は育てられ系に入ると思います。

 

コンビニにいったりすると研修生とか新人さんに当たったり、仕事でも新人さんを教育する係になるひとはお育て系。

 

このような役割の人は、人を見守る、育てる、忍耐、怒らない、イライラしない、忍耐、理性を保つ、天狗にならない、リーダーシップを学ぶテーマがあります。

 

育てられ系の役割の人は、人を敬う、謙虚になる、忍耐、調和を図る、人を立てる、傲慢にならない、下積み、団体や集団を経験するテーマがあります。

 

どちらが偉いとかそういう意味はないのです。

 

どちらも必要があってそのような学びをしているだけなのです。

 

さて、お話は変わりますが、この間市役所へ行くと担当の方は年配の男性で新人。

 

仕事遅い遅い~(*´з`)

 

私はそのかんじっと待っています。(忍耐・イライラしないを学び中)

 

おじさんは私に「これでいいですよね?」と聞く始末。爆

 

なんとか1時間格闘して終わりました。

 

二日後また市役所に行くと同じ担当者に当たった。苦笑

 

今度はさくさくこなしていました。

 

ああ、成長したなーと思って終わったら15分で完了。

 

こんな場面でも人の成長を見るのはとても楽しいです。

————————————————

☆初めての方はこちらをご覧ください。

http://wp.me/P40dhA-1gm
公式サイト

http://orion78.com/
ショッピングサイト

https://orion78.stores.jp/
☆お問い合わせ

info@stargate.company

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

peypalご利用可能

ソリューション画像
ページ上部へ戻る