寝つきが悪い原因

寝つきが悪い原因はいくつかありますが、自分が体験して分かった事は血管の詰まりと浮腫み、洋服のゴムなどがあげられます。

 

全身に血管が張り巡っていますけど、この血管の管に老廃物がたまっていたりすると血液が流れないため心臓に負担がかかって夜中目覚めて血流を促すことをしています。

 

寝ると体温が低くなってさらに血液の巡りが悪くなる為に起こる現象です。

 

朝起きて体が浮腫むのはこのためです。

 

 

寝つきを良くするためには血管の管や血液をさらさらにするのは必須です。

 

体を締め付けるゴムもまた寝つきが悪くなる原因です。

 

圧迫感を与えるゴムは浮腫みの原因です。

 

自宅に帰ったらゆる~い格好の方が良いと思います。

 

特に血管が細い人は老廃物がたまりやすく浮腫みやすいのでご自身の体を注意深く観察してみてください。

 

この間ご紹介した「毒だしスープ」を飲むと余分な水分が排泄されて浮腫みが取れますよ。

 

あとは軽く体をこするか、簡単なマッサージでも血流は良くなり体が軽くなります。

 

運動したり、リンパ節を流すことも大変効果的です。

 

マッサージは朝と夜寝る前に行うことをオススメします。

 

———————————————————
☆初めての方はこちらをご覧ください。
http://wp.me/P40dhA-1gm

公式サイト
http://orion78.com/

ショッピングサイト
https://orion78.stores.jp/

☆お問い合わせ
info@stargate.company

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2016年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

peypalご利用可能

ソリューション画像
ページ上部へ戻る