同じ境遇を求める心理

大分昔、カウンセリングをしている時に、お客様から出た言葉

 

「〇〇していないからわからないでしょうね」

 

この〇〇に入る言葉としては、子供を産んだことがないから分からないでしょうね。

 

経験をしたことがないから分からないでしょうね。

 

ということを良く言われました。

 

このセリフをよく言う人は、自分と同じ気持ち、環境、状況じゃないと(相談する相手も同じく経験していないと)理解できません。という気持ちを持っています。

 

 

しかしこれは間違いであって、輪廻転生をしているので、今は子供がいなくても過去に経験をしているのでちゃーんと分かっています。

 

人はいろんなパターンを経験しているので大体が分かっています。

※答えを出すことも。

 

カウンセラー側からみると、解決したいから相談に来たんでしょう?

 

あなたの気持ちに同調して、理解して欲しいだけ?

 

愚痴を言いたいだけですか?

 

こういう人本当に多かったです。

 

結局このような言葉が出る方は、被害者意識が相当強い人です。

 

そして「一番私を理解してください」とか「可哀そうね~大変だったね」と言ってもらいたい方です。

 

「傷ついた私を癒してね」が真相です。

 

こういう方は、電話相談室(愚痴を聞いてもらうだけの業態)がありますので、こちらに電話してみるとよいです。

 

自分がどのタイプの人間か分かってないと、相談したとしても、相手が私みたいに、ばっさり切る人にあたったら癒されるどころか、核心をつくので傷ついたとなります。爆

 

結局、自分で決められないので、二度、三度、カウンセリングに来る。

 

そこに、カウンセラーとお客様の間に「依存」が発生する。

 

私がカウンセリングをやめた一番の原因は「依存」を発生させるからであります。

 

自立させて歩ませるために、ツールを開発して自分でやってもらう方向にシフトしました。

 

自分で決めて歩んで行かないといけないのだ。^^

 

——————————————————
☆初めての方はこちらをご覧ください。
http://wp.me/P40dhA-1gm

公式サイト
http://orion78.com/

ショッピングサイト
https://orion78.stores.jp/

☆お問い合わせ
stargate@stargate.company

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

peypalご利用可能

ソリューション画像
ページ上部へ戻る