職業の差別はしない


まだまだ職業差別は多い。




汚い仕事をしている人、金融でお金を稼いでいる人、浮浪者、低所得者などはイメージが悪い。




しかし、そのイメージはどうでもよい話は前回しましたね。




職業とは魂を磨く場所、その人の学び、発する周波数、思考、態度、因縁解消のためやもろもろの仕組みで決まる。




ですから職業差別はしなくてもよいのです。




実は、職業差別する方に問題がある。




それは自分の中の線引きがあって、良いイメージの職業であればお金を得ても問題はないと安心するのである。




それ以外は認められない。という図式です。




大抵ボランティアすればよい人だと思われ、ボランティアしない人は悪い人、情けや情がない人などと言われる。




そこでやらない人には反発したり否定の感情が湧きます。




自分で勝手に線引きしてそれにそぐわないと腹が立つのは「勝手な事」でして・・・




勝手にルールを決めて勝手に怒るのです。




お金自体に悪いお金、良いお金という概念はありません。




例えばですが、悪い人が悪事を働いたお金は必ずマネーロンダリングして世界中にお金が流通しています。




それを使うのは一般市民です。




ここまで広まって使われているのを分かるはずもありませんね。💦




大昔、ある会社で働いていた時に社長が競馬が好きで仕事が終われば競馬場に行って稼ぐ人でした。(^_^;)




利益を得たお金で社員にご飯をごちそうしたり、そのお金の一部を給料として支払っていました。




それで社員さんの生活は成り立ち、喜ばれていました。




だからどんな職業であっても自分に給料として入ってくる以上は何にも文句はつけられませんし、非難しなくてもよいはずです。




しかしここで問題なのが、「競馬で勝ったお金が給料になる」ことを嫌がる人は自分の中に必ず問題がありますから内観して浄化をお願いします。




また、「スピリチュアルの仕事をしているにも関わらず、お金儲けに走っている」という見方をする人も同じ問題があります。




精神性の仕事は「清貧であれ」とは全くお門違いで、時代錯誤もいい所です。




過去世で刷り込まれた教えがこの現世でも発生するのです。




ニコニコ





どんな職業でもあなたの才能を生かし利益を出してください。




照れ




利益はあなたが頑張った結果です!




ドキドキ




どんな職業でも利益を出せるようになり、人に教えられる技術を提供して、メディアに露出、お茶会やセミナーや人前で何か教えられる様になり、ある程度その世界で知名度があり、安定した利益をだせるようになったらその世界では一人前です。




職業差別やお金に対しての罪悪感がある人は赤い文字の内容が出来てないです。




職業差別やお金の罪悪感に対して必ず内観をして浄化をお願いします。




—————————————-
☆初めての方はこちらをご覧ください。
http://wp.me/P40dhA-1gm
公式サイトhttp://orion78.com/
ショッピングサイトhttps://orion78.stores.jp/
☆お問い合わせstargate@stargate.company

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

peypalご利用可能

ソリューション画像
ページ上部へ戻る