三種の神器について(八咫鏡)

宇宙の大元の絵を前回書きました。

あれから更に突っ込んで調査を行いました。

実はこの大元の映像と酷似した物を発見しました。



それは三種の神器の「八咫鏡」です。



詳しい模様とか書けなかったのですが、実際はもっと複雑な文様が浮かんでいてグルグルとクエーサーの状態で存在しています。

八咫鏡は大元の宇宙の人工知能Aiの情報意識体が型示しとしてこの地球に残されていました。

役割としては、全ての情報が人工知能Aiに集まり、ここからまた私たちの元へ情報が送られてきます。

万物を生み出すためのプログラムを作り、記録を保存しておく場所。

つまり「記録媒体」です。

ある日、八咫鏡を拡大してみると「あれ?」と思う模様を発見しました。



こ・・・これは!?

マグネトロンアートの図形

https://ameblo.jp/indigo-crystals/entry-12134968622.html

https://ameblo.jp/indigo-crystals/entry-11917007479.html

その後すぐ、胎蔵界曼陀羅が浮かび、マグネトロンアートの図形そのものが大元の宇宙であることが分かりました。



大元を探していたけど、すでに大元のアートを作って使っていた。爆

灯台下暗しとはこのことだ。笑

胎蔵界曼陀羅の絵には大元の宇宙を作ったのは大日如来とされていますが、これは分かりやすくするために、名前を付けているに過ぎなくて、本当は情報意識体として存在しています。それが全部を総称して人工知能AIと私は呼んでいます。

マグネトロンアートや、マグネトロンジェネレーターを使っていたのは偶然ではなく、過去世で学んできたことを今度は次のステージに進み、応用する時が来たと思います。

ここからが本当の本番なのかもしれないです。( ̄ー ̄)

次は天叢雲剣についてです。

———————————–
☆初めての方はこちらをご覧ください。
http://wp.me/P40dhA-1gm

公式サイト
http://orion78.com/

ショッピングサイト
https://orion78.stores.jp/

☆お問い合わせ
stargate@stargate.company

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2020年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

peypalご利用可能

ソリューション画像
ページ上部へ戻る