平行次元(考察・体験)1

今日の平行次元のお話は私が体験したお話をもとにして書いています。

今後、考察していく必要があるのですが、こんな事もあるんだな~という気づきになればと思います。

 

 

数年前のある日、仕事が夜から開始される予定だったので確認すると夜の7時でした。

時間が来てお客様が終わって時間を確認すると午後6時とかでした!

 

え??なんでなんで?と思って目の錯覚か?記憶の間違いか?

 

最初はこんな感じで、何度も同じく時間が退行していることがあり、逆に時間が進んでいたこともありました。汗

 

 

1年半前に帰省してから地域全体を浄化するために、散歩しながら臭いの元をクンクンしながら歩き、地域の家や周りの様子を把握したり記憶にとどめておく作業をずっとしていました。

 

しかし、不可解な事が起こるようになりました。

 

道路を歩いていると、そこにはない「物体」が見えるようになり、家や土地を毎日、徹底して浄霊浄化しているにも関わらず、廊下を歩く人がいたり、堂々と家の中を歩く男の人が見えたり、鏡から何かが出てきたり・・・

 

さら地だった土地に突然コンビニが現れたり、今まであったお店が忽然と消えたりしたのでした。

 

工事してないのに家の集合体が出来てたりと、頭が混乱し、最近まで時間や曜日までも狂い始めてしまい、電波時計も電池を変えているのに、しょっちゅうぐるぐるしています。

 

とうとう頭がイカレてしまったと思いました!爆 狂 どくろ
 

この原因は一体何だろうと思って波動の先生におたずねしますと、それは「平行次元」だという回答を頂きました。

 

なるほどー平行次元か!と、物凄く府に落ちました。

 

この世は平行次元があってその中にすでに私たちは生きていると思います。

 

何かを選択したり、気づきがあると線路の道が変わるように移動してその平行次元に移動しながら生きているのかもしれません。

 

先の未来に行ったとして何かの理由で帰ってくると私みたいに時間や曜日のズレが起こるのかもしれません。

 

【こんなことも影響しているかも?】

1 買ったと思っていた商品がない

2 あるはずだと思っていたがない。

3 同じ商品を何度も買ってしまう。

4 忽然と物品がなくなる

5 忽然と物品が現れる。

6 時間と曜日をよく間違える

7 なかった家が突然建っている

8 建っていた家やビルが突然なくなってさら地になっていた。

9 あり得ない人や物が見えるようになる。

10 時計が狂う、ぐるぐる回る、曜日や時間を良く間違える

11  原因不明の痛みがある

 

 

以上が私が体験したことなのですが、他の人は別パターンで体験しているかもしれませんよ。

 

平行次元の世界は、まことしやかに移動が行われていて、行ったり来たりしている世界です。

 

 

平行次元2へ続く

 

—————————————–
☆初めての方はこちらをご覧ください。
http://wp.me/P40dhA-1gm
公式サイト

http://orion78.com/
ショッピングサイト
https://orion78.stores.jp/

☆お問い合わせ
info@stargate.company

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

peypalご利用可能

ソリューション画像
ページ上部へ戻る