子孫に伝えておくべきこと

子孫に伝えておくべきことの一つに、先祖供養というのがあります。

前回、お仏壇と位牌を間違えて設置していることをお伝えしました。
「先祖供養と仏壇の調整」をご覧ください。

現代社会では、核家族化が進み、お仏壇を持たなかったり、本家に任せきりであったり、なかったりするようです。
今、生きている事しか目を向けてないので、将来の老後が気になりますが、死んだ後の事を考える人はなかなかいません。

世の中はまだまだ「死んだら終わり」と言う人もいます。
この様に思う方は、3次元的世界から脱することが出来ておらず、意識が覚醒していないからです。
肉体と魂の浄化につとめ、先祖の仏壇を正し、放射能除去、過去からの残留思念、カルマの解消、トラウマの解放などをやっていくと波動があがり3次元から抜けることが出来ます。
浄化するごとに覚醒が起こってきますので「死んだら終わり」という考えも無くなり、宇宙のことが理解できるようになると思います。

死んだ後のお話は「スーパーバイザー認定講座」でお話していますが、今、死んだ後の事を学ばれますと自分がいざその時を迎えることになった場合、理解しきちんと行くべき所へいけるようになります。

死んだ後にもその世界があります。
行った先の世界がどんなところかびっくりするでしょう。

行った先がよろしくない所だったら大変です。
子孫が仏壇も位牌も用意せずほったらかしにしていたらあなたはどこから供養を受けるのでしょうか?

きっとその世界で「浮浪者」になり徘徊し子孫に憑依して食事の気を吸わないといけなくなります。
それすら出来ない人は動物に憑依して「残飯」をあさるのです。

先祖の姿は必ず子孫に反映されます。

●子孫の方がいつも「お金がない」「家計が苦しい」「きつい」と思う方はご先祖さまはあちらの世界で「貧乏な生活」を強いられていることでしょう。
●子孫がいつも冷え性で血圧が低い人は先祖が極寒地獄の世界にいることが分かります。

●子孫の方がいつも「大食い」「ある一定の食べ物しか食べない」「胃腸の調子が悪い」「胃潰瘍」「胃ガン」になっている人は先祖が食べれていない状態を表しています。
●子孫が不倫を繰り返し男女間のトラブルを抱えている人は「色情因縁」の世界に落ちているからです。


 

●ご先祖様の仏壇は、私たちの家を同じです。
仏壇と位牌の間違いがあると浮浪者になり人に憑依することになります。
ご先祖様が住める位牌と仏壇を用意しましょう!

 

先祖が幸せになると子孫にその幸せのエネルギーが流れます。

大切な先祖供養です。
今一度、きちんと見直す時期がやってきました。
ぜひ、今後の自分やご先祖様の事を考えてみましょう。

☆もっと他に現象がありますが、それらを解消するための方法は「先祖供養と仏壇の調整」をして頂くと解消されます。

☆プロフェッショナルに仏壇と位牌の調整を出来るようになりたい方は、スーパーバイザーの講座で詳しくお伝えしています。

【お問い合わせ】
78.orion.78@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2014年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

peypalご利用可能

ソリューション画像
ページ上部へ戻る