イケメンとそうではない顔の意味

イケメンとそうではない顔の意味をお伝えしたいと思います。
※表現上、イケメンとそうではない顔としていますが差別用語ではないことを記します。

この世に転生再生してくるとき、自分のカルマの解消のため親を選んで生まれてきます。
そのご両親に生まれる事、育った土地、兄弟姉妹もご縁があって生まれてきます。

家族というチームとなってカルマの解消しなくてはならないのですが、生まれる時の顔についても意味があります。
●それはイケメンで生まれた場合は、何かしら「賞賛されたい」「目立ちたい」「人から注目を浴びたい」「楽したい」「もてたい」「目立つ仕事をしたい」という事を体験し、それを通して何かを学んだり、解消したいと願った人達です。
●そうではないお顔で生まれた場合は、「心の修養をしたい」「内面を見つめることをしたい」「顔でなく心が大切」「人の心をみつめたい」「内面を大切にしたい」ということを体験したい方が多いのです。

宇宙は、イケメンもそうではない顔ということはどうでもいいお話であって、そこから何かを体験し、学ぶという作業を期待しています。

ただ、時代によっては「美の基準」がまちまちなので、その時代がイケメンが流行っていれば、「やっぱり予定変更しよう」と思ったり整形手術をしようとします。
モデルチェンジもありだと思いますがやりすぎるといけません。

イケメンで生まれて来た人の注意事項として、「女性問題に気を付ける」「努力をすること」「天狗にならないこと」などが言えます。
基本的にちやほやされたい方が多く周りはなんでもやってあげる事が多いため、自分で努力することを忘れています。
若い時はイケメンも武器になりますがお年を召した時、努力をしてこない人は中身が空っぽの方が多いですね。
お話をするとよく分かります。

そうではないお顔の人の注意事項として「嫉妬と羨望」「ひがみ・妬み」「他人と比較すること」に注意なさった方が良いと思います。

いづれにせよ、生まれてくる前に、ある程度の顔のシュミレーションは行っているので本当は事前にどんな顔になるのか見れるのですが・・・(笑)

イケメンばかり好きになる人は、まだまだうわべだけの判断しかできていないということが言えます。

どんな顔でもご自身の学び、カルマの解消の為のものであり、本当の見るべき場所は「その人の魂」であると思った方が良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2014年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

peypalご利用可能

ソリューション画像
ページ上部へ戻る