レオナルドダビンチの絵画

レオナルドダビンチが書いた絵画「サルバトールムンディ」という絵画のお値段は推定160億円の値が付くのだそうです!
凄いですね~(@_@;)

サルバトールムンディー

さて話は変わりますが、昨日、この絵画の右手のポーズの意味が分かったのです。
それは、指を2本ちょっとだけ交差していますが、これは「調和・平和・和合・祝福」などを記しているのだそうです。
左手に持った水晶玉は、肉体と魂と精神も全部含めて水晶のような清らかさになるという意味が込められていたのでした。

きっとキリスト様はこのような人だったよという意味でもありますが、これは人類皆、その様になることが目標であるということを言いたかったのではないかと思います。

そして、下の絵は受胎告知の絵です。
師匠、ベロッキオは右のマリア様を描き、ダビンチは左の大天使ガブリエルを描いている共作の絵になります。
この時の大天使ガブリエルの指もやはり2本ポーズをとっています。この絵が描かれた年代は1472年~1473年とされているので、上のサルバトールムンディより初期の頃だと言えます。
あるTVで見ましたが、大天使ガブリエルの絵だけは特殊光線を当てると消えるのだそうです。
これもまた面白い仕掛けですね!大天使は目に見えない存在だからそのようにしたのかも!?(笑)

受胎告知

指1本は神を表し、2本の場合は融合、平和、和合、調和・祝福を意味していると思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2014年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

peypalご利用可能

ソリューション画像
ページ上部へ戻る